フリーランスのアンテナ







あの名画を最新技術でより大きく美しく再現

巨匠の筆致や立体感をリアルに体感できる

ピエール=オーギュスト・ルノワール

1841年2月25日~1919年12月3日

1841年、フランス中西部の陶磁器の町リモージュに生まれる。13歳で磁器の絵付け職人になるが、絵付けの仕事の減少により画家を目指す。20歳でパリのアトリエに入り、モネやシスレーらと出会って印象派に参加。1870年代、風俗画や行楽地、女性像などを華やかな色彩と闊達な筆遣いで描き、肖像画家としても人気を博した。その後、50歳頃リウマチを患い、温暖な南フランスのカーニュ=シュル=メールに移住する。痛む右手に絵筆を縛りつけて精力的に制作に取り組み、柔らかなタッチと色彩による女性像や裸婦像を生み出し、ルノワールの描く穏やかな絵は多くの人たちから愛され続けている。

●絵寸法:(約)長辺53×短辺41cm
●額寸法:(約)長辺70×短辺57.5×4cm
●重量:(約)3kg

●額材質:樹脂、アクリルカバー入
●手法:ジクレー

独創的 F10号 読書する二人の少女 ルノワール 立体複製名画 レプリカ 美術品-その他